フラメンコ教室(スクール)|東京|渋谷|中目黒|アルテフラメンコ舞踊学院

アルテフラメンコ舞踊学院
お問合せ・資料請求
一日体験レッスン申込み
学院見学申込み
top アルテフラメンコについて アルテフラメンコの活動報告 コース・カリキュラム お問合せ・資料請求・申込み Q&A
主宰者挨拶・プロフィール 講師紹介 地図・施設紹介・教材紹介
MAP
講師紹介
 

アルテフラメンコ舞踊学院 東北沢スタジオ



東京都世田谷区北沢4-4-9


【最寄駅】小田急線 東北沢駅5分

【問合せ】TEL 03-5856-6075 
アルテフラメンコ舞踊学院 事務局

【アクセス方法】
電車
・小田急線 東北沢駅
・井の頭線 池ノ上駅から徒歩10分

バス:
・東急バス18番(渋谷駅南口、モアイ像側)
:渋谷55系統(毎時0分、30分発車)幡ヶ谷折り返し行き 東北沢駅下車(東北沢経由)
・京王バス(京王バスの並び中央)
:渋谷67系統(毎時2〜3本)笹塚行き笹塚循環
北沢小学校前下車
                 (この路線を使用される場合は090-7210-2065までお電話下さい)

 
 
個人レッスン向きで集中力UPに最適の小空間ビジターの方の貸スタジオも可能です。  
 
 
 

「魔性のフラメンコ
写真:中尾務 編集:板坂剛
1986年創英社刊

'83年3月創作フラメンコ「フラマ-ある魔的な時間」で脚光を浴びた沙羅一栄を新鋭の写真家中尾務のレンズが捉えたみずみずしい感覚の写真集。テアトロからタブラオまで精力的な活動を続ける当時の若々しい姿が記録されている貴重な資料でもある。
しかし、残念!絶版品切れです。

   
 
「沙羅一栄・アマポーラの美学」
写真:中尾務 編集:板坂剛
1988年創英社刊

スペインの天才舞踊家ラウールと沙羅一栄・板坂剛が共演したよみうりホールでの公演「トライアングル」を記念して出版された写真集。今は亡きラウールが日本人舞踊家に託した思いが伝わってくる。(在庫あり)
   
 
「スペインの美神・RAUL」
写真:中尾務 話の特集刊

中尾務の写真集第3段。アルテフラメンコに大きな影響を与えた天才舞踊家RAUL(1995年2月26日42歳で死す)の最盛期の姿を記録した写真が満載。独特のスタイルを作り出したラウールのフラメンコが郷愁を誘う。

   
 
「智美−その生と死の余韻」
美能憲二・著

新潟出身柏崎市出身のフラメンコダンサー鈴鹿智美の短い生涯を伝記的につづった純文学作品。2003年11月恵比寿エコー劇場で舞台作品化され上演された。この公演で鈴鹿智美を演じた内山敦子がカバーモデルになった原作本は、直接出版社から取り寄せることも可能。

 

「春の祭典」
若手のホープ ソラジャ・クラビホをゲストに迎えた2002年の本科卒業公演(六本木俳優座劇場)は、ステージで卒業証書授与が行われた初めての公演でもある。その感動の一瞬を再検証!

   
 
「Fiesta 2004」
五反田ゆうぽうとが燃えた。
年に一度の「アルテ・フィエスタだけが楽しみで生きている」というファンがいるほど、発表会の限界を超えた興奮と陶酔は直接見たものでなければ解らない、と定評がある。
踊りだけでなく照明も音響も、そして構成も「公演」のレベルで行われている一味違う発表会といえる。
   
 
「2002 X'mas concierto TAKETORI」

新宿ルミネホールACで行われていた演劇との融合舞台から、舞踊場面だけを抽出して構成した画期的な創作フラメンコ。 (演出:沙羅一栄)
2002年の初演では、アオイ・ロチャーの進境著しい姿が印象深かった。帝の内山敦子、翁の板坂剛ともに絶品。 再演が熱望されている

 
主宰者挨拶・プロフィール講師紹介地図・施設紹介・書籍映像紹介

CONTENTS

TOPアルテフラメンコについてアルテフラメンコの活動報告コース・カリキュラムお問合せ・資料請求・申込みQ&A

 
  アルテフラメンコ舞踊学院

〒155-0031 東京都世田谷区北沢4-4-9

小田急線 東北沢駅 徒歩5分


TEL:03-5856-6075 / FAX:03-5875-8158 / E-Mail:info@arte-flamenco.co.jp
 
Copyright © 2004 ARTE FLAMENCO All Rights Reserved